Private1

  • サンピエロ津田沼店です♪
    主にプライベート写真をUPしていこうと思います♪

Stage 1

  • 動物ズ!3
    出演した舞台関係の写真をアップしていきまーす♪
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 女の子ってやつも、悪くない。 | トップページ | ヒロイン 『熊』終演しました。 »

音楽の方向性の違い、みたいに。

演劇観の違い、ってあるんだろうな。
終わることの無い議論。
どちらが間違ってるともいいがたく、ただ、目指すものが、
作りたいものが、違うだけ。


私にも、「好み」というやつが出てきたようで、
こーゆーお芝居が好き、
こーゆー演劇を面白いと思う、
こーゆーのがやってみたい、
と、少しずつ思うようになった。

以前までの、「とにかく舞台に立って台詞を言って、役になりきった気分になりたい」
と比べると、
まだまだひどいけど、演劇の初心者くらいにはなったかなぁと思う。


いまの私は、【役になりきること=お客様が喜ぶ】ではないと思っている。
役のことを考えるのも分析するのも、その役らしいあり方を目指すのももちろん大切だけど、
お客様は、役者がその役になりきってるのかどうかを観に来てるわけじゃなくて、
あくまで、物語を、作品を観に来ているのだ。
いくらお芝居が素晴らしくても、作品のバランスに見合ってない芝居では、
良く見える可能性があっても、そう見えないのでは、と思っている。


(もし、「役になりきる」が必要なら、それは「溢れる」場合のみではないだろうか。
それも、勝手にずっと溢れられても、お客様はどうしていいかわからない。
適材適所で、ほんの少し「溢れる」が見えたとき、
そこで「このひとのこの気持ちは『本当』なんだ」と思ってくれるお客様が現れるのではないだろうか。)


私のような馬鹿がこんなこと考えたって仕方ないかもしれない。
良い方向へはいかないのかもしれない。

でも、いま、わたしはそう思う。


・・・こう思うのも、これまでのことがあったからだけど。
思えないことを無理矢理思うことばかりにかまけたり、
とにかく耳を鍛えようと、他の全てを置いて、台詞を聞くことばかりを続けたり。


『積み重ね』という言葉は、背中を押してくれることもあれば
足かせにもなるので、最近はあんまり好きじゃないんだけど、
とにかく継続して、そのときそのとき、しっかりやってきたから、
いまがあるんだな、と。


それには、自信を持てる気がする。


7月のテアスタが終わったら、
また舞台を観に行きたいなー。
演劇集団砂地、が早く観たい。
藤尾姦太郎さんが出るらしい。
12月だったかなー。だいぶ先だなぁ。


yukapunch

« 女の子ってやつも、悪くない。 | トップページ | ヒロイン 『熊』終演しました。 »

芝居ってやつ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1339672/46438144

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の方向性の違い、みたいに。:

« 女の子ってやつも、悪くない。 | トップページ | ヒロイン 『熊』終演しました。 »