Private1

  • サンピエロ津田沼店です♪
    主にプライベート写真をUPしていこうと思います♪

Stage 1

  • 動物ズ!3
    出演した舞台関係の写真をアップしていきまーす♪
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 砂地『Disk』観劇して。 | トップページ | 見る・見られる »

会話のズレ

2/13〜16、演劇集団 砂地のWSに行くことにしました!
二回目♪今日は、初日!!
砂地のWSには、役者さんとしての意識が高いひとが
うじゃうじゃ居ます。
バイトの話なんか、聞かれなきゃしない感じ。
そのピリっとした空気が好きです(((o(*゚▽゚*)o)))


日常では、しょっ中起こっている会話のズレも、
戯曲で読むとズレに思えず、綺麗な流れで
会話が成り立っているように見えてしまうことが、
(少なくとも私には)よくある。


実子「どなた?」
吉雄「花子さんはいますか?」
(三島由紀夫『班女』)


のやり取りは、「事件」(!)であることに気付けない。
ふつーに小説を読むように読んでしまってるときは何も思わない。
「Q&Qで返しちゃうくらい、勢い込んで、焦っているのだね、吉雄くーん」くらいしか思わない。
ただ、この噛み合わなさ、
実子さんからしたら「ぃやぃや、意味わかんないから!答えろよ!」って感じにびっっくりな出来事だよなぁ…。


会話って、かみ合わないし、ズレが起こりまくるものなんだなぁ~。
だから別れ話には時間がかかるし、
たくさん言葉を紡いでわかってもらおうとするんだなぁ~。


付き合いの長さとかで、
相手のことがわかって、ズレが少なくなったりすることはあるだろうけど、
出会って間もないころは、
そりゃあ互いに別の脳みそでそれぞれ考え方も違うのだから、
会話はズレまくってて当たり前かぁ。


今日、しみじみ思ったのは、
「戯曲を読む」という行為に、もっと慎重に…というか、
しつこくならなきゃいけないなぁということ。
「読者」で終わらないよう気をつけていたつもりだが、全然足りないや。
宇野重吉さんの名言「台本は逆撫でて読め」の精神で、
もっと気をつけて取り組みたいです~(>_<)


yukacapricornus

« 砂地『Disk』観劇して。 | トップページ | 見る・見られる »

芝居ってやつ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1339672/49393203

この記事へのトラックバック一覧です: 会話のズレ:

« 砂地『Disk』観劇して。 | トップページ | 見る・見られる »