Private1

  • サンピエロ津田沼店です♪
    主にプライベート写真をUPしていこうと思います♪

Stage 1

  • 動物ズ!3
    出演した舞台関係の写真をアップしていきまーす♪
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 「楽屋」二日目に向けて。 | トップページ | いかに早く、いかに伸びやかに。 »

「楽屋」ご来場いただき、ありがとうございました!!

アクト青山 春公演「楽屋」4/22-4/30
無事に全日程終了致しました。
ご来場いただいたお客様、本当に、ありがとうございました!!


女優Aは、ずっとやりたかった役でした。
実は「楽屋」に出演するのは3回目な私。
18歳のとき女優Dを、20歳のとき女優Bをやらせていただきました。
どちらもすごく楽しかったし、また、できないことも多くて悔しかったです。
ただ、そのときから「斬られの仙太」がやりたいなぁと、ずっと思ってました。
「私ならこうやる」とか「私の方がもっと上手にやれる」とか。爆笑
クソ生意気ですね(^^;;笑
だから、女優Aと配役発表されたときは、すごく嬉しかったです。
清水邦夫先生への想いも勿論ありましたが、それ以上に、三好十郎先生に想いを馳せる日々でした。
「斬られの仙太」作者・三好十郎に関する本や、
彼の戯曲を手当り次第、読みました。
そして、三好十郎の、
生涯貫いた、筆を武器に戦う姿勢、
それと仙太の、真っ直ぐさが、
私の中で強くリンクしました。


三好十郎の描く人物は、みんな、
状況・立場は違えど、闘っているのです。
自分を、他人を、世界を、あきらめない。
その姿勢が美しく、私には魅力的に感じられました。


清水邦夫も、処女作「署名人」を真夏に水道の生水を飲みながら四畳半の部屋で書き上げた、というエピソードがある通り、
かなり「書く」という行為に熱い想いがある方です。
二人とも早稲田大学の美術選考に入学するなど、共通点も多いので、
清水邦夫先生の三好十郎先生への共感、思い入れはなかなかのものだったのではと推察します。


あー私ってば、話が長い。笑
そしてやれることになった、女優A役!!!


はじめは、まーー散々でした。
ババアに見えない。間が悪い、タイミングが悪い、おかしな動きをする……
稽古場で、演出家先生と先輩二人がげんなりしていた姿を思い出します。
本当に、すみません(>_<)


しかし、図太いのが長所です。←多分、これがウザい笑
すぐにできなくても、努力してみなきゃ最後までどーなるかはわかりませんからねっ!
稽古に辛抱強く付き合ってくださったメンバーのおかげで、段々と、
「ババアらしく」「タイミング良く」なりました。
あー良かったぁ(*^^*)


待望の「斬られの仙太」も、
はじめは酷かったです。ただ早いだけ。
音も変わらなきゃ、仙太のヤクザ加減も、その実、真っ直ぐなところも伝わらない。
「私なら上手くできる」!?過去のあたしを殴り飛ばしたいですね。苦笑
しばらくは、毎週3本以上時代劇orヤクザものを観て研究して稽古場に持ち込む日々でした。
途中、若かりし日の仲代達矢さんにハマりすぎて、
仙太がどんどん二枚目になっていきました。笑
勿論、演出家先生に却下されました。
中村錦之助さん、そして二代目大川橋蔵さんを見て、「あ、これだな!」ってゆー強いヒントが得られ、稽古しやすくなりました。
特に、大川橋蔵さんのチャーミングさは、
仙太を豊かにやる上で欠かせないポイントだったので、本当に感謝してます。


マクベス夫人とトリゴーリンは、
最初の案から、少し形を変えただけで済んだ…かな?と思っています。大きな変更は無かったような気がします。
マクベス夫人には、日本舞踊っぽい動きを入れたかったので、はじめはそれらしい動きをもう少し入れようと考えてましたが、
仙太と違って「永遠の役」でもないのに、決まり良く精度が高いのもなーというのもあり、
最終的には雑味も大切にやった…つもり、です。
トリゴーリンは…(笑)。
気合い、です。笑
宝塚の男役さんを少し意識しましたが、ま、私が意識したところで…ね、結果には出ません。くすん。
演出家先生に「もっと男性的に」と言われた後、
しばらく、福山雅治モノマネを意識してましたが、
女優Bさんに話したら「…へぇ?ごめん、わかんないけど、ま、いいんじゃない?」と言われました。
多分、無意味な努力でした。ぅははは。


本番を迎えて、
お客様に言われて嬉しかったのは
「何歳かわからない。26歳!?えぇ!!?」と驚いていただいたことです。
苦手意識の強かった老け役ですが、少し自信が持てました。
また、演劇関係者様から、
「いままで女優Aが良い役だと思ったことなかったけど、はじめて良い役だと思った。やりたくなったよ」と言っていただいたこと。
こんなに光栄なことが、あるでしょうか。
幸せすぎます。
「女優A」という役の魅力再認識に、貢献できた気持ちです。
ありがとうございます、ありがとうございます。
また、「ABのコンビ感が、すごい!!」と言っていただきました。
このことに関しては、本当に、すべて100%、
安中愛子さんのお力です。
愛子さんが細かく稽古をつけて下さったおかげです。
私は不器用な上に生意気、なんでも顔に出てしまうところがあるので、
愛子さんには、この半年、ひどいストレスを与えてしまいました。
「ABのコンビ感」への望みは、私より愛子さんの方が強かったはずなので、
コンビに見えていたなら、愛子さんの望みをかなえることに貢献できたのかなぁと。
そうだとしたら、本当に、とっっても嬉しいです…!!!


…話が、長過ぎますよね?
もう限界でしょ?もう少しの辛抱ですよd( ̄  ̄)笑


今回は、いつも通り、メンバーにも大変恵まれました。
簡単ではありますが、御礼を言わせて下さい。


飯田南織さん。
女優さんです。プロ意識の高さ、謙虚な姿勢、
何から何まで勉強させていただきました。
優しいお姉さんです。共演させていただけるなんて思ってなかったので、本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。


相澤亜紀ちゃん
才能の塊。存在の仕方、間やタイミング、伸びやかな美しい声。
嫉妬しちゃうほど素晴らしいです。
甘えたがりの私の相手をよくしてくださいました。
助かりました、ありがとうございます。


菊地正仁さん
尊敬します。今回は、役者としてのみでなく、
小道具などの準備、全体の流れのために、
沢山立ち働いていただきました。
おかげさまで、とてもスムーズにことが運びました。感謝に絶えません。
また、私に、老け役アドバイスも沢山下さいました。本当にありがとうございます。


安中愛子さん。
ミス・パーフェクトです。
こんなに完璧主義で稽古に取り組むひとを、私は知りません。
たくさん苦しませてごめんなさい。
今回、私が面白く見えていたのなら、それは間違いなく安中愛子さんのお力です。
ありがとうございます。
愛子さんとABがやれた幸せをひしひしと感じています。


音響、演出助手の水野駿くん。
稽古から本番終了まで、本当によく動いていただき、ありがとうございました。
水野くんが入れてくれた音に背中を押されて、心強い気持ちで舞台に立てました。
本当に本当にありがとうございました。


演出、小西先生。
いつもありがとうございます。
迷惑と面倒ばかりかけて、本当にすみません。
的確なダメ出しと、アイディアのおかげで、
なんとか私もRossoの一員になれたように思います。
もんぺ&ほっかむりには、本当に驚きましたが、
私を助けて下さる素晴らしいアイディアでした。
あの提案が無ければ、私の女優Aはもっと別のものだったでしょう。
本番期間も、誰よりも動いていただき、
本当にありがとうございました。
気持ち良く公演できたのは、誰より動いて下さる先生のおかげでした。
土下座じゃ伝わないレベルです、ありがとうございます。


Azzuro・Gialloチームの皆様
稽古場準備・片付け、ありがとうございました。
稽古場使用時間帯により、2チームの皆さんには、本当にお世話になりました。
また、皆さんと競演する気持ちで稽古に励めました。
私も皆さんに少しでも刺激を与えられてたらいいな…。
少なくとも、私はたくさんいただき、糧にさせていただきました!ありがとうございました!!


長くなりましたが、
これにて、私にとっての「楽屋」も終了とさせていただきます。
ご来場いただいたお客様、お世話になった皆様、
本当に本当に、ありがとうございました!!


母に「女優Aって、三枚目だったのねー」と言われました。
その言葉で、私のやりたかったことは成就したような気がしました。
関わってくださった皆様に、心から、ありがとうございました。


チームRosso 女優A役 岩崎友香





次回出演は7/19-21、
冷たいかぼちゃスープ「それから」
@千歳船橋APOCシアター
です!
頑張りますーっ(((o(*゚▽゚*)o)))!!


yukaheart02

« 「楽屋」二日目に向けて。 | トップページ | いかに早く、いかに伸びやかに。 »

芝居ってやつ。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1339672/56058803

この記事へのトラックバック一覧です: 「楽屋」ご来場いただき、ありがとうございました!!:

« 「楽屋」二日目に向けて。 | トップページ | いかに早く、いかに伸びやかに。 »