Private1

  • サンピエロ津田沼店です♪
    主にプライベート写真をUPしていこうと思います♪

Stage 1

  • 動物ズ!3
    出演した舞台関係の写真をアップしていきまーす♪
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

日記ってやつ。

むーん。

また日が開いてしまった…。

8/6に、
毎年恒例の、船橋自衛隊 習志野駐屯地の花火大会に行ってきました。












私の夏の一大イベントが、終わりました。


小4から一緒の友人が出産してママになったので、
ママになった彼女と息子くんにも会いにいきました。








可愛いし、嬉しい。

幸せを感じる。

すぐ何にでも幸せを感じてしまうのは、
私の長所であり、短所だなぁと思う今日この頃。


とにかく、8月は、
会いたい人にひたすら会いに行こうと思う。



yuka

花見。



お花見してきました。



お世話になってる、劇団の女性陣と。
大変楽しい時間を過ごさせていただきました。





手料理の、持ち寄り♡


私は

これ作ったよ。
はんぺんに、ハム&チーズはさんで、焼いたよ。
簡単。笑
大好評だったよ!!笑



陽射しが気持ちよくて、お昼寝♪♪


去年は、4/1に花見をしたので、
あれから、ほぼ丸一年経ったんだなぁ。

去年の写真は………ぉ、あったぞ。↓





…気づきました?
あえて、去年と同じワンピースを着てみたの。


いろんなことがあったな。
でも、悪くない一年だったな。
来年もそう思えるように、
頑張ろう。


カプチーノ飲みたいよ。


yuka

iPhoneケース




いつも使ってたのが右のアヒル?です。
昨日、小学校からのお友達よしこさんに左の猫をいただいたよ。

なかなかの、インパクト。笑

ありがとう、ありがたく使わせていただきます☆



今日は、じーちゃんの一周忌。
あの世への道の中間地点。
ゴールまで、頑張れ、じーちゃん。




yuka

よっしゃああああ!!!!

「リチャード3世」読み終えましたわ。

文語体を楽しむなら、福田恒存さん訳が好きです。
上演するなら、松岡和子さん訳の方が絶対良いけど。

すごいスピード感だった。
あとがきや解説読むと、さらにいろんなことが腑に落ちて、面白さを噛み締められた!!

「ジュリアス・シーザー」「ヘンリー6世」とは違って、
「リチャード3世」は、まさしく、リチャードがタイトル・ヒーローなんですね。
大げさにいえば、リチャードの一人芝居です、こりゃ。
すげーーーー!!!!
あと、人が死にまくり!!!
残酷悲劇として有名な「タイタスアンドロニカス」でさえ死人8名なのに、「リチャード3世」では10名…!!!
幕開きすぐに、兄貴、殺されちゃうからなぁ。
うぅ、クラレンス…。・゜・(ノД`)・゜・。
でも、舞台上で殺されるシーンがあるのは、幕開きのクラレンスと、幕閉めのリチャード王のみ。
あとはセリフだけ。
その左右対称な造りの、なんとまぁ、美しいこと!!!!

「ヘンリー6世」でも少し感じたが、
シェークスピア初期作品故の、粗削りで、
足りなかったり・やりすぎだったりするところが、
戯曲全体の熱量を、コントロール受けることなく、
筆の勢いをそのままに突っ走っているように感じられて、
本当に、面白い………!!!!!


yuka

カラダ中の血が、ぞわっとする。

ヘンリー六世が読み終わったので、


リチャード三世に入りました。


もうね、面白すぎて、本当に……

なんだろ、この感覚は。

詩的な美しさでありながら、的確に表された心象、
読んでいて、本当に、気持ちが良い。
グロスター公リチャード(のちのリチャード三世)のことが、シェイクスピアは大好きだったんじゃないかなーって思う。
リチャードの持つ、永遠につきまとう劣等感。
劣等感って、多くのひとが一度は抱いたことのあるものだろうし、
だからこそ、その劣等感が生んだ憎しみ、歪み、野心を糧に生きるリチャードを、
ダークヒーローとして、
応援してしまうような、止めてあげたいような、
不思議な気持ちになる。


なんて愛おしいんだ、愚かなんだ、リチャード…!!!!


シェイクスピア史劇がこんなに面白いなんて。
もっと早く出会っていたかったなぁ!


これから、Bunkamura、ル・シネマでジュリー・テイモア演出の「夏の夜の夢」上映観てきます☆

こちらも楽しみ!!!


yuka☆

目の色が、変わる。

2016年になってまだふた月ほどですが、
何かに突き動かされてるかのように、
なんだか、とっても、必死です。


まだまだ私には勇気と根性が足りなくて、
後悔することもたくさんあるけど、
後悔した分、必ず、リベンジしてやりたいなと闘志を燃やしております…!!!


何かをある程度のレベルにするには、
最低でも3年くらいはかかっちゃうんだなーとわかりました。
勢いでやれることは、若いうちに!!!!
あと最低でも二つくらい始めたいことがあって、
(本当は四つなんだけど)うじうじしてないで、
時間作って頑張らなきゃ!!と思ってます。


やるぞーー。
やるのだーー!!!


今年一年で、どれだけ表現者らしくなれるかなぁ。


yuka

べんきょ。

勉強してます。
想像力がなさすぎて。
知識で興味を増やそう作戦。


高校時代の世界史資料集と、プリントを見ながら。
(写真はプリント。)
こうして見ると………

……私、勤勉だったんだなぁ。笑

プリントに、資料集だと何ページに書いてある項目かまでメモしてあるの。
すぐ振り返れるようにだろうね。



プリントも、余白や裏面に、先生が話してた説明がびっしりやー。
すげーーー。笑
真面目か。笑
自分が馬鹿だとわかってたからねー。
馬鹿だと知ることから、必要な努力は始まるのね。


こうして、高校のときの教材を捨てずにあるのは、

故渥美先生のおかげだと思う。

先生が、「国語便覧や社会科資料集なんてのはとても役に立つ宝物だから、捨てないように」
っておっしゃったのを覚えてる。

プリントの余白にびっしり説明を書くようにしたのも、
アクトで書記をよくやっていて、先生の言葉を聞き漏らさず、要点と、そこへと結びつく話を書く癖がついてたからできたことかもしれないなぁ。


私は、アクト青山の 人間だ。

と、最近、本当にそう思う。
渥美先生と、小西さんに育てていただいた人間だ。
これは間違いない。
アクトでは、いろんな役をやらせていただいて、
私は、本当に本当にラッキーすぎる人間なんだと思う。


でも、役がもらえてることに、勘違いせず、
もっと、きちんと、実力をつけたい。
一人のアーティストに、なりたい。
一緒に作品づくりしてみたいと思ってもらえる人間になりたい。
こればっかりは、誰かに教えてもらえることじゃなくて、
一人で発見するしかない。
ピカソがキュビズムに辿り着いたように。
長い修行の旅の中で見つけていくしかない。


少しずつでも、進む。
アクトに居ながらやることに、意義がある。


そんなことを考える、ひとりの夜。
孤独だけど孤独じゃない。
想像力がお友だち。


yuka

お弁当たーーいむ!





あぁ、なんて……シンプル……!笑

台所に長時間立てない私の、精一杯。笑

卵焼きにはチーズ入れるのが好き。
おいしーーぃ♪♪♪

ごちそうさまでした( ^ω^ )


yuka

さっぱりーぃ。



まさかの、28歳すっぴん写真。笑
見たくもないわねーー。
へっへっへ。

今日は漢方の病院行って(中央林間にあるの!)、
そのあと新宿帰ってきて、ガールズヒップホップのレッスン受けてきたー。

始めた頃に比べたら、だいぶ身体が動くようになって、なんとか先生の振りにしがみつけるようになってきました>_<
嬉しいなーー
楽しい!!!!

踊ったら、久々に血色良いお顔になって、
嬉しくて、すっぴん自撮り♡

漢方の先生にも、
「かなりラクになってきたでしょー。良かったね」
って言われました。
本当にそう!
痒くて痒くて仕方なくて寝られなかった日が嘘みたい!!
嬉しいよぉぉぉ。・゜・(ノД`)・゜・。

引き続き、頑張るぞ。
健康にならなくちゃ。
「野鴨」までに、健康的に痩せる!!
あとマイナス3kg!!!
糖質制限しすぎると、上半身ばっかり減っちゃうから、
筋トレと運動して代謝を上げて、下半身痩せするのだぁぁーーん!!!
ファイト!!!!
今日も、ウィルキンソンの炭酸水が、うまーーい☆


yuka

おはようございます!!!

寝よう寝ようとしましたが、
寝れなかったので起きることにしたよっ。

おはようございます!!!

昨夜は久々にパソコンをカタカタしてみたり。
あんまり得意じゃないけど、
大嫌いってわけでもないから、まぁ、よかったー。


先日、カクシンハンさんの「ジュリアス・シーザー」を観て、大興奮しましたわ。
大体の場合、良い舞台観ると、「みんな見た方が良いよ!」って言う私が、
シーザーに関しては、あまりに良い舞台すぎて、なんか、この気持ちを共有したくなくて、
独り占めしたくなっちゃって(無理なのに 笑)、
あんまり感想とかツイッターでもつぶやかなかったし、稽古場でも言わなかったのに


みんな、どっかから評判をききつけたのかな?
アクトの女子数名が観に行ってて、びっくりした。笑


ツイッター上での色々な感想を読んでて、
そりゃ褒め言葉ばかりでもなかったのだけど、
演出・木村さんの、世界一面白いシェイクスピア作品をつくりたいってゆー純粋な野望や、
16世紀の当時、観客が受けたであろうのと同等の衝撃や面白味を、現代の観客にも感じてもらいたい
(「シェイクスピアらしさ」に逃げない)
とゆー考え方は、私はおもしろいな〜と思っていたりします。


勉強すればするほど、シェイクスピアの凄さを感じます。
今年は没後400年になるのかな、確か、
その時代の劇作家でありながら、現代も人々を魅了してやまないシェイクスピア、
本当に、凄すぎる………!!!!!!!


ヘンリー6世、もーちょいで読み終わるので、
次は、リチャード3世読むのだーん☆


yuka

より以前の記事一覧